スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

韓国から帰省中の友達から、
韓国の教育について、
話を聞く機会がありました。

日本では、
韓国の大学入試シーズンが始まると、
たびたびそれが話題にあがります。

何が話題の中心になるかと言うと、
入試に遅れそうな受験生が
パトカーで試験会場まで
送ってもらっている風景。

実際、そんなことがあるのか
聞いてみたら、本当の話らしい。

韓国って、日本以上に学歴社会のようで、
親は、自分の子供が小さい頃から、
難関大学に入れるために必死。

韓国の2017年の人気就職先は、
サムスン電子でした。

サムスン電子の就職倍率は、
700倍と言われています。


韓国若者の現状は、
難関大学を出ていても就職率が低く、
就職難に加え結婚難。

韓流ドラマを観ていると
イケメンばかりに見え、
えぇー結婚難?
って思わされますがね笑

親は子供が大学へ進学できるように、
資産運用をしたり、財テクをしたり
あの手この手で、お金の工面をします。

英語は、小学3年生から始まるらしいのですが、
それでは遅すぎると、
幼児から英語塾へ行かせる親が
大変多い模様。

私立の小学校へ入るためには、
大変高い倍率での抽選に当選するか、
教会から推薦をしてもらう、
宗教枠というもので入るかの
どちらか。

ちなみに、
公立の小学校へ通っている子供は、
塾にも行っていることが多いそうです。

私立の少人数という手厚い教育を受けるのと、
公立へ行きながら塾に通うのでは、
公立+塾の方が、お金がかかるようで、
もはやどちらをとっても裕福な家庭であることに
越したことはありません。

話を聞いただけなのに、
自分が韓国で子育てをする環境で
なくて良かったと思いました。

過酷な競争社会で
勝ち残っていくためには、
勉強三昧の毎日を送らせないと
いけないようですし、
それに付き合う親も大変です。


いろいろなところに
アンテナを張り、
有力な情報をすぐに
キャッチできるように
していなけれうおばなりません。

最近では、親子で海外へ留学する
家庭も増えてきているそうです。

私は、韓国の教育事情よりも、
韓流ドラマの中の世界が
どの程度、本当なのか?の方が
気になります。

例えば、金持ちの家に必ずと言っていいほど、
飾ってある家族写真。

これ、韓国の家庭では減ってきているようですが、
よくある風景らしいです。
みなさん、家族写真や結婚式の写真を
A3以上のサイズにひきのばし、
リビングや寝室に飾ってあるそうですよ。

韓国では、写真屋の需要は
まだまだありそうですね。

20180108韓国の教育事情
↑↑↑韓国の男性と国際結婚をした友達。今では、韓国語ペラペラです。

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply