スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

みなさんは、どんな状況の時に、
どのような関係の人と助け合いを
しますか?

職場だったら、先輩・後輩・同僚間において、
・仕事のトラブル
・片付かない仕事
・難しい仕事に取り組んでいるとき
・急用による代理

家庭では、親子・夫婦・兄弟間において、
・家族が困っている時
⇒家事、子守、送迎など

要するに、
信頼関係のバランスが保てている者同士が
助けを求めてきた時や、
困っている事に気付いた時ではないでしょうか?


では、この信頼関係のバランスが崩れた時に、
助け合うことがでるでしょうか?

どちらかが、がまんすれば、出来るかもしれませんね。

でも、がまんしながら助けあうって、
偽善っぽくないですか?

信頼関係のバランスが崩れないようにするためには
どうしたらよいか?

相手に対して期待しないことが一番なのでは
ないかと思います。

例えば、困っている誰かに対して
何かをしてあげたとします。

ここまでやってあげたのだから、
これくらいは、やってくれるだろう。

と期待をしていたが、
結果は、期待以下だったらどうでしょうか?

そんな時、この人は、
『ここまでやってあげたのに、
これだけしかやってくれなかった。』

あの人に、何かやってあげても、
見返り小さいし、今度からやめとこうかな。

このように思い出すと、信頼のバランスが
ドンドン崩れていきます。。

7つの習慣の中にある、
信頼残高という言葉を知っていますか?

信頼のバランスが崩れるということと
信頼残高とは、少し意味合いが
違うかもしれません。

しかし、共通して言えることは、
信頼をなくしては、
良い関係を保てないということです。

信頼関係が保てている関係だからこそ、
相手からの見返りは、期待しない事が、
円満のコツなのではないでしょうか?

昨日は、元旦に行われる駅伝の練習会に
行ってきました。

駅伝も、走者が助け合い励まし合いながら、
タスキを繋げていき、ゴールという結果を
生むのではないでしょうか?

昨日の練習


『駅伝練習+タスキ練習』

20171227松任練習1


1周190mのランニングデッキ

1〜4周:10kmレースペース
5〜6周:5秒/kmペースをあげる
7〜8周:10kmレースペースに戻す
9〜10周:ジョグ

10周1セットを2セット

終わってからは、
タスキの受け渡しのコツを
教えてもらいました。

20171227松任練習5
↑↑↑渡す方、どのタイミングでタスキを外して良いのかわからず、オロオロ

今までも、何度も駅伝に
出たことありますが、
いつも見よう見まねでした。

レクチャーの後は、
実際走りながら、タスキを受けて
渡すまでの練習も行い、
タスキをつけたり
外したりするタイミングも確認。

本番になると、がむしゃらになるので、
練習した通りにできるか
わかりませんが、
やれるだけのことは
やりたいと思います。

20171227松任練習2
↑↑↑タスキをもらう方。動いてよいのかわからず、止まっていました

あとは、当日大雪になりませんように。

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply