スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

今日は、コスタリカの経済について
少し触れてみます。

コスタリカのGDPは、
中米諸国の中では、
7419ドルで2位。

ちなみに、1位は、
パナマ運河で栄えている、
パナマで、7614ドル。

3位は、エルサルバドルで3519ドル。

2位と3位の差が、倍近くあるのが
驚きでした。

いかに、上位2ヶ国が豊かなのか
わかりますね。

この国は、豊かな自然環境を利用して、
エコツーリズムが盛んです。

外貨獲得のために、
重要な財源となっています。

その他の外貨獲得として、
貿易があります。

これまで輸出品目は、
伝統的な農産物である、
コーヒーやバナナが主でしたが、
最近はメロンやパイナップルにも
力を入れています。

1996年には、企業誘致にも
成功しており、アメリカのインテル社が
コスタリカに進出しました。

これにより、ハイテク分野でも
輸出することができるようになりました。

貿易相手国は、アメリカが
輸出額全体の48%を占めています。

アメリカがあるからこそ、
コスタリカの経済が安定しているといった
感じですね。

改めて、アメリカが大国であると
認識させられました。

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply