スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

水分補給を侮ると痩せません!



痩せることがメインテーマのブログ内容ではなく
水分補給がメインのブログです。

走るのに、慣れている人であれば、
水分補給のタイミングは
自分で調整して行うことが
できると思います。

水分補給の方法は、ランナー毎に
違うので、これといった決まりは
ありません。

では、初心者の方はどうするか?

最初は基本に沿った方法で
水分補給をするのが良いと思います。

慣れてきたら、自分に合った水分補給のタイミングなどが
わかるようになってきます。

体液の役割
なぜ、水分が必要なのか?
体液は、どのような働きをしているのでしょうか?

体液は、以下のことを行っています。

・酸素、栄養素の運搬
・老廃物、二酸化炭素の運搬
・体温調節

体重の2%以上の水分を失うと、
脱水症状をおこす可能性があります。

よく言われるのは、のどの渇きを感じた時は、
脱水が始まっているということですね。

脱水が始まると、上記の
役割がうまく機能しなく
なってしまいます。

運動中に限らず、普段から
こまめな水分補給は、
健康的な身体をつくるうえで、
とても大事です。

では、本題へ。

水分補給のポイント


1.走り始める30分〜1時間前までに水分補給
⇒個人差はありますが、300mlの水分を100mlずつこわけにとっておきましょう

2.ランニング開始後は、こまめに水分補給
⇒のどが渇いていなくても、なるべく給水するようにこころがけましょう。
 時間管理して水分補給すると確実に水分を身体に入れることができます。
 慣れてくると、体感で水分補給できるようになります。


3.ランニング前後で、体重が減らないように、しましょう。
⇒ランニング後に体重が減っているのは、痩せているのではなく、水分が減っているだけです。

4.大量の汗をかく時は水ではなくスポーツドリンクをとりましょう
⇒短い時間の運動であれば、水分補給は水でも良いです。
 しかし、長時間の運動であれば、汗と一緒にナトリウムなども出てしまうのでスポーツドリンクの方がおすすめです。

5.寒くて汗をかかなくても水分補給をしましょう
⇒空気が乾燥していて、皮膚から汗が蒸散していることがあります。

6.アルコールは水分補給ではありません
⇒ランニング後のビールをおいしく飲むために、
 水分をとらないのは大変危険です。
 脱水症状や意識を失う危険性があります。
 ランニングした後も、しっかりと水分補給をして、
 その日に出た分を補給してからアルコールを飲みましょう。

7.脂肪燃焼には水分補給
⇒脂肪燃焼には、糖質を必要とします。糖質を燃やすには水分が必要になります。
 十分な水分がないと、脂肪が燃焼しにくくなり、
 体は疲れやすくなり、糖質だけが残ってしまいます。

8.疲労回復のために水分補給
⇒水分不足で血液がドロドロになると、
 疲労物質などがうまく運搬されなくなり、
 疲労が残る原因になってしまいます。

水分をどう確保するか?


これについては、好き嫌いがあるので、
自分にあった方法で行ってください。

・ウエストポーチを使って携帯
・小銭を握りしめてどこかで購入
・水場がある公園などの近くを走る

水分をとったからと言って、
太るわけではありません。

水分を取り過ぎても、尿となって
排泄されるので、
心配いりません。

脱水にならないように、
こまめに水分補給をしましょう。

20171215末広練習駅伝1
ドS師匠に写真を撮ってもらった後に、首をかしげていました↑↑↑
なぜかと思ったら、いつもとタッチが違ったんですね!

昨日の練習


『2000m×3 レスト400m』
『1000m』

【結果】
2000m×3 (カッコはレスト400m)
1本目:4'51-4'44(3'14)
2本目:4'53-4'49(3'15)
3本目:4'54-4'45

1000m)
4'34

先週とはうってかわって、長めのインターバル練習

1月1日に出る、元旦駅伝3.3kmに向けて、
スピード持久力強化中です。

産後あけから練習はずっと、ロングペース走ばかりだったので、
短い距離になると、自分がどのくらいの
ペースで走れるのか完全に未知の世界。

いつものように、最初の1000mは前を
走らされる。

とにかく、ペースがわからないので、
目安だけを聞いてそれに沿って走るように
自分なりにコントロール。

後半の1000mを○んたい師匠が前に出て走る。

「1本目から速いんですけど…汗」

レストの400mが、呼吸が落ち着かないまま
すぐに終了。

もう、はじめから、ドドドドドS師匠。

「なんか、よぉーわからんけど、走るしかない」

つべこべ言ってる余裕は全くありませんでした。

3本目に入るまで、ランニングデッキの外側を走っていたのですが、

「これ内側に入ったら、距離ごまかせるんじゃね?」

無意識のうちに、内側を走っていました。

するとすぐさま、

「内側を走るな!」

激が入りました。

「ばれた…」

何事も、ズルはいけませんぞ!

私が言うなって?笑

最後は、しんどすぎて目が開けられない。
薄目で、走り切りました。

はぁはぁはぁ、吐くかと思った…


本練習後レストの400mを走り終わった後、

「よし、1000mするぞ」

え、なに?その「よし」って?

よしじゃないんですけど…

「休みすぎたら、走りたくなくなるからいくぞ」

えっえっえっ???

そうこうしている間に、スタート。

半分も走らないうちに、かなり呼吸があがってくる…。

心の中では、あと500。
あと400。
あと300。
あと200。
あと100。
0…

あれ、終わらない。

「どこーーーー?」

1000mの位置を完全に勘違いしていた。

「ここや!!!」

の合図とともに、時計がピッ。
その瞬間、ドS師匠が

「あぁぁーーー」

え、なになに?その「あぁぁー」の意味は?

「4'30切れんかった。4'34や」

私の今の実力です。

最近、数秒で、タイムが微妙なことが多い。
私のあとひと踏ん張りが足りないところは、
ここなのかもしれない。

練習が終わった瞬間は、
「練習がんばったし、こんでいい」
って思っていましたが、
一夜明けると、少し悔しさがこみあがってきました。

と、後ろを見ていても何も始まらないので、
できることから、コツコツと続けていこうと思います。

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply