スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

世界一広い道路は、どこにあるか知っているひとおー?

ん?反応がないなぁー。

興味がない?

ま、いいけど…

答えは、南米のパリとも言われている
ブエノスアイレスです。

今日は、ブエノスアイレスにある
世界一広い道路についてのお話

この道路は、
「7月9日通り」
という名前がついていますが、
別名、南米のシャンゼリゼ大通り
と呼ばれているそうです。



この通りには、ブエノスアイレスの
シンボルとも言われる、
オベリスクという
白い塔が立っています。



このオリベスクには、
デモやストライキ、
アルゼンチンがサッカーで勝利した際に、
人々がたくさん集まるそうで、
ブエノスアイレスのアイコンと
なっています。

ちなみに、7月9日は、何の日でしょう?

ん?やっぱり興味ない?

しょうがないなぁー…

答えは、アルゼンチンが独立した日です。

7月9日通り、どのくらい広いかというと、
車線は片側8車線あり、両側で16車線。

この通りを歩いて渡ろうとすると、
信号を5回も渡らないといけないほどです。

私のランニングで鍛えた脚で、
1回で渡り切りたいが、どうなんだろう…

140mだから、35秒くらいで変わる信号だったら、
全速力で渡り切れる計算。

是非、いつか試してみたい!

この通りには、地下鉄の駅やバス停が
たくさんあるため、市内移動の拠点にも
なっています。

周辺には、コロン劇場という
観光スポットがあるそうです。

はい、ここでおさらいです。

世界一広い道路「7月9日通り」があるのはどこでしたか?

ブエノスアイレスです。

しつこい?笑

おわり!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply