スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

忘年会のシーズンですね。

いきなり質問、

「あなたは飲み会の幹事をやったことがありますか?」

はいと答えた人なら、
幹事の大変さわかりますよね。

幹事をやっていて、一番困ること



当日のドタキャン

お店側としては、予約人数を見込んでの、
食材の仕入れや、仕込みをしています。

なので、当日のドタキャンがあった場合、
お料理代金だけは支払わないといけない
ケースがよくあります。

やむを得ない理由の場合は
仕方ありませんが、
一番困るのが、連絡なしのドタキャン。

幹事をする側としては、
ドタキャンした人の分の料金を
どうすべきか悩みどころです。

参加者に非はないので、
頭割りするわけにいかないし…

基本的に、ドタキャンした人から
お金をもらうのが、一番スマートな
やり方です。

そのためにも、案内を出すときには、
キャンセルポリシーを記載しておきましょう。

「○日前のキャンセルは、料理代金を徴収させてもらいます」

ドタキャンの次に厄介な△の回答


△は、欠席の扱いにするのが良いです。

そうでないと、お店の人数の予約がいつまでたっても、
確定しないので、何度も調整が必要になり
時間の無駄です。

これに関しても、

「○日前までに、参加不確定の人は、
お店の予約の関係もあるので欠席で回答お願いします。」

どうしても参加したいとなった場合のみ
対応することにすれば良いと思います。

参加可否に関しては、キャンセルよりも、
人数を増やすことの方が、お店の調整はしやすいです。

参加人数の調整以外に私が幹事をする時に気を遣うポイント


・参加メンバーを見て参加費を調整する

⇒コースであればメニューを抜いてキリの良い金額にしてもらう

⇒メニューを入れ替えて料金を調整してもらう

⇒飲み放題の場合は、飲み物の種類を減らして金額調整できないか確認する

人数が多い場合、参加費に端数があると
おつりを用意しなければならないので
面倒です。

また、集金し終わった後に、
お金の確認する時も、小銭があると
確認しづらいです。

・株主優待券が使える店を利用して参加費を下げる


⇒フリマサイトやオークションサイトに株主優待券が出品されているので、
 それを用意しておく。

例えば、2次会にカラオケを使う場合、株主優待券を
使えば、参加費を抑えることができます。
参加費が安くなると、2次会へ来やすくなり
参加人数が増える場合があります。

2次会って、テンションあがっているから、
参加人数多い方が楽しいですよね。

・県外の参加者が多い場合は地元のお店を使う


地物は、大手のお店よりもローカルの店の方が
品揃えが良いです。

また会費の調整や食材の相談も、ローカルのお店の方が
結構融通が利くので便利です。

どうしても食べたいものや、
紹介したいローカル食材がある場合は、
メニューを入れ替えてもらうと良いです。

・少人数の場合は好き嫌い、アレルギーがないか確認しておく

先日のブログに書きましたが、外国人の参加者の場合は、
苦手なものがないか確認しておきましょう。

少人数の場合は目が行き届くので、
食べられないものがあると、
幹事としても残念ですよね。

アレルギーがないかを確認するのも
忘れてはいけない気配りです。

いかがでしたか?

まだまだ幹事として、気を遣うところが
たくさんありますが、代表的なものを
紹介しました。

幹事をかって出る人は、結構慣れた方が
多いと思います。

どの幹事さんも、初めから器用にこなしているのではなく、
いろいろな経験をして、それを応用して、
気配りが上手になっているのだと思います。

あなたは、↓↓↓にあてはまりませんか?
・ドタキャンをよくする
・いつまでも参加可否の回答をしない
・自分の要望をたくさん言う
・当日に参加の回答をする
・参加するが毎回遅刻してくる


思い当たる節がある場合は、
幹事さんの気持ちを汲み取って、
次回から、これらの事をやめましょう。

一度、幹事をやってみると、
気持ちがよくわかるのですが、
こればかりは、向き不向きありますからね。

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply