スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

20171207玉泉院
↑↑↑当日は、大変金沢らしい天気で、アラレが降ったりやんだりの繰り返しでした

てぇーへんだと騒いでいた数日前


昨日、そのてぇーへんだ!の日が
やってきました。

外国人のお友達が金沢に遊びにきたのです。

金沢のガイドを自力でするのをあきらめた私。

過去記事:「てぇーへんだ!海外から友達が遊びにくることになった! 」
http://kaigaiizyu.blog.fc2.com/blog-entry-54.html

KGGNという、英語で観光ガイドをしてくれる
ボランティアガイドの方に全てをお願いしました。

私が、お願いしたのは、長町と兼六園の案内。

「私達は、終わってから、鈴木大拙館に行きたいので、
長町から始まって、兼六園のルートでお願いします。」

と、依頼をしました。

私達の担当になってくれたガイドの方は、
とても気の利く方で、長町と兼六園しかお願いしていなかったのに、

長町武家屋敷⇒長町⇒中央公園⇒四高記念記念館⇒玉泉院丸庭公園⇒兼六園⇒金沢神社⇒鈴木大拙館

と、長町から兼六園までの、道中にあるスポットについても、
案内をしてくれました。

そして最終的には、鈴木大拙館まできてくれました。

とても、半日コースとは思えない、中身がとても濃い
金沢観光となり、お友達も大変満足していました。

また、地元民の私については、
勉強になることがたくさんありました。

そして、気づいたこと。

ベテランのガイドには、かなわない。
これは、私の力では、どうにもならないわ…

英語だけできてもダメ
歴史も知らないといけない
その歴史のことに関する、英語も知らないといけない。

KGGNの方たちは、みんなで
勉強会を開いたりして、知識を共有しているそうです。

担当してくれたガイドさんは、私の友達が出す
どんな意地悪な質問にも答えていました。

唯一答えられなかったのは、石川門の塀に
木戸があり、「あれは何か?」というものでした。

しかし、その方は、後日調べてくださり、
次の日にすぐに、答えられなかった質問の
回答を送ってきてくれました。

なんという、おもてなしのこころ!

無料であることが、とても申し訳なく感じました。

ガイド終了後に、お茶でもとお誘いしたのですが、

「ガイドすることが仕事で、今回は、英語の勉強も
たくさんさせてもらいました。」

と言って、かえっていかれました。

とても親切で、勉強熱心なガイドの方でした。
みなさんも、友達が遊びにきた時は、
るる○を片手に、案内するのではなく、
慣れている方にお願いするのことを
おすすめします!

ちなみに、金沢では、以下が用意されています。

海外の方向けのボランティアガイド
KGGN
http://kggn.sakura.ne.jp/

日本人向けのボランティアガイド
『まいどさん』
http://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/access/info_guide.php

手話で観光ガイドをしてくれる
『かがやきR』
http://www.normanet.ne.jp/~kmimi/k_city/guide.html

私が、今回の観光で印象深かったこと



・武家屋敷である野村家は、他の場所から移設されたもの
・戸室石は、戸室山から運んできたもの
・戸室石は、位の高い人しか使えない
・武家屋敷は塀の高さで位の違いがわかる
・四高学校は金沢大学の前身。全国を5つに分割したうちの4番のエリアの学校
・玉泉院は、2年前に写真や資料などから再現された庭
・玉泉院は立ち止まって景観を楽しむ庭
・兼六園は歩いて景観を楽しむ庭
・兼六園にある噴水は自然の水圧であがっている
・兼六園にある唐崎の松は鶴をイメージしている
・毎年11月1日に、この黒松から雪吊り作業が始まる
・唐崎の松の横にある中州のようなものは亀をイメージしている
・鶴亀で縁起物となっている
・金沢城の瓦は、鉛の板でまいてある

最後に


今の若い方たちは、
知らないかもしれませんが、
20数年前まで、金沢大学は、
金沢城の中にありました。
城内キャンパスと呼ばれ、
全国でも大変珍しい場所に
大学が設立されていたのですよ。

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply