スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ


我が家は『YES』です。

数年前、国道から少し外れた道で、
ヒッチハイクをしている若い男性2人組を
みかけました。

たまたま、夫と買い物に出ていた私達。

彼らを横目に一度通り越して、
即座に社内で家族会議。

結論は、すぐに出ました。

彼らの行き先と私達の
進行方向が同じだったため、
車を引き返し、
彼らを車に乗せました。

聞けば、彼らは京都の美大生で、
春休みを利用して、
京都~名古屋~飛騨高山
~金沢~福井~京都
とぐるっと一回りを
ヒッチハイクで旅するという計画でした。

我が家があるのは、
金沢と福井の間。

行き先は福井でしたが、
福井まではいけないので、
近くの大型ショッピングセンターまで
送ることになりました。

そこまでいけば、長距離トラックも
いるだろうという判断で、
送ったが、時刻は17時を回っていたため、
この田舎で先をすすむのは
難しいだろうと思い、
急遽うちに2人を泊めることにしました。

幸い、アメリカ人2人が
ホームステイをしていった後だったので、
布団もすぐに出せる状態でした。

夕食をとりながら、
彼らといろいろな話をしました。
2人が話す学生生活や夢は、
とても前向きで、
大きなものでした。

将来の夢を聞いているだけなのに、
こちらまでワクワクしてきました。

2人のヒッチハイクの旅は、
春休みという期間限定のため、
残された時間は2日だったと思います。

タイムオーバーになったら、
電車で帰ると言っていた2人。

2人には、ヒッチハイクの旅を
絶対、成功して欲しかったので、
安全策を選び、
2人を高速のサービスエリアまで
送ってきました。

その晩、2人から、
無事京都へ行くトラックに乗せてもらい、
帰宅することができたという
メールをもらいました。

後日、2人のうちの1人は、
美術のコンテストで賞をもらい、
ヨーロッパのどこだったかの国で、
自分の作品を披露することになりました。

そして、彼は大学卒業をしたのか、
それとも編入したのか、
詳しくはわかりませんが、
今は京都大学に通う学生になっています。

彼の夢は世界で活躍する建築家でした。

この出来事を忘れかけていた昨年、
彼らから、当時のお礼ということで、
京都の名産品が送られてきました。

このブログを書きながら、
当時のことを思い出しました。

平凡な日常生活に
大きな刺激を与えてくれた、
出来事でした。

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply