スポンサーリンク

テキーラよしえ

テキーラよしえ

バリの空港についたらタクシー運転手が
ハイエナのように寄ってきました…

空港について、近くのホテルへ
移動する手段を検討していたところ、
タクシー運転手が
続々と私たちのところに寄ってきて、
次から次へと私たちに、
「タクシー?」
と言ってきました。

かなり煩わしいが、
よくある光景。

Simカードショップにいる間も、
多くのドライバーが、
店の前で私たちの用事が
済むのを待っていました。

ちなみに、simカード、
空港で買うと、街で買うより、
2倍もお金がかかるので、
やめておいた方がいいですよ。

話は戻り…
私たちは、夜中にバリに着く予定だったので、
初日のホテルは、空港の近くのホテルを
予約しました。

車で5分も、かからない距離ですが、
夜中に到着したため、
タクシーに乗ることを選択。

ホテルに電話したら、
迎えにきてもらえるのですが、
Simカードを買わなかったので、
ネットに繋がっていなく、
電話する手段がなかったので、
仕方なくタクシーを使うことにしました。

たかだか数分の距離で、
日本円で1200円くらいでした。

ホテルの人にきいたら、
相場はその3分の1らしい。

空港からホテルへ移動する時は、
少々お金がかかっても、
ホテルからの迎えを
頼んでおくことを絶対おすすめします。

そうじゃないと、
バリに着いた早々に、
交渉合戦をしないといけないからです。

空港からのタクシーは、
最初の言い値で乗ると
100%ぼったくられます。

私たちは、最初、1600円くらいを
定時されました。

結局1200円で折れてしまったのですが、
娘がぐずっていることと、
疲れから値段交渉するのが
面倒になったから。

ちなみに、
バリのタクシー運転手の年収は、
日本円で36万円くらいだそうです。

なので、1日で計算すると、
1000円くらい儲ければ
1日の仕事をしたことになるということです。

バリでは、Go-Jetといって、
ウーバーのようなシステムがあります。

ウーバーとは?
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/Uber

タクシーよりも、かなり安い料金で
利用することができます。

グーグルマップの距離で、
料金が計算され表示されるから、
とてもわかりやすいシステムです。

話がそれました。

結論
バリの空港からは、
ホテルのお迎えを予約しておくべし!

新しいことにチャレンジ!

好きなことが更に好きになるために…
夢が少しでも現実に近づけるように…
毎日小さな努力をしてみよう。

テキーラよしえでした。
アディオス♪
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply